○○○コナン

明日の朝は早い、かなでです。

この間は寝不足ですみませんでした。
とってもグチグチしててウザかったと思います。
本当に申し訳ないです。
ちゃんと寝ますw


はい。
今日の話題ですが、「名探偵コナン 漆黒の追跡者(チェイサー)」を
ようやく見たので感想でもね。

まず、おもしろかったです。
相変わらずの主人公補正でしたがw
ジンの詰めの甘さとか、え、ここはおかしくね? みたいな
突っ込みどころも満載。まあそれもいつもどおりな展開でしたね。

一つ残念なのが、DAIGOの起用。
あれはねーですよ。
ちょーヘタクソ。まじで。聞くのが嫌になるくらい。
コナンのクオリティを一気に引き下げてくれましたよ。
しかも重要なラストシーンで♯

ま、このへんは見てから共感していただければ、と思います。
少なくともDAIGOよくね? と思う人はいないでしょうからね。

さて、コナンの劇場版はすべて見ているかなでですが、
ここでかなでの独断と偏見による劇場版ベスト5でも書いておきます。
批判なり共感なりお好きに受け止めてやってくださいw

1、「水平線上の陰謀(ストラテジー)」9作目
  最後のおっちゃんかっこよすぎw
  唯一、コナンが犯人と最後に対峙しない映画ですよね。(たぶんw)
  タイタニックとかポセイドンアドベンチャーとか突っ込みはなしですw
2、「漆黒の追跡者(チェイサー)」13作目
  黒の組織が絡んでくると内容がシリアスかつサスペンス的でいい。
  謎解き要素もまあまあイケてました。DAIGOが無ければなぁ……。
  いろんな刑事さんが出てきてなんか同窓会っぽかったw
3、「迷宮の十字路(クロスロード)」7作目
  平次好きにはたまらない一作。京都を舞台にしてるのもいいです。
  あと綾小路警部かわいいよw なんと追跡者にも出ていて驚きました。
  平次と和葉の過去がわかるのもこれが初めてかな?
4、「探偵たちの鎮魂歌(レクイエム)」10作目
  スタッフの意気込みが感じられる作品でした。
  よーく見ると懐かしのキャラが多数登場している模様。
  (知らなかった……)割と地味ですが、白馬探君が好きならぜひ。
5、「ベイカー街(ストリート)の亡霊」6作目
  一転してゲーム内での謎解きをする内容。
  現実世界の事件は工藤優作氏(パパ)が担当w
  早々にいなくなっていくキャラがかわいそうw
  ゲーム内の世界観は好きでした。


とまあこんな感じでしょうか。
長文失礼しました。
最後に一番orzな作品を。

ドベ、「時計じかけの摩天楼」1作目
   まー1作目なら仕方ないにしても、あまりに矛盾が多すぎる。
   突っ込みが追いつかないし、作画もひどい。ストーリーはまあまあか。
   とにかくこの作品が他の作品に悪影響を及ぼさなくてよかったです。



スポンサーサイト

コメント

MAX #uQ7xEvKg

今日も

MAXだぜ!!

2009年10月30日(金) 16時11分 | URL | 編集

ちょー #EkiQxSGU

これから

色付きの文字v-17また明日ね(もっこり)

2009年10月30日(金) 16時12分 | URL | 編集


トラックバック

GO TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。